CTAとは【Call To Action】 意味・用途

CTAとは、Call To Actionの略で、ユーザーに特定の行動を促すことを目的とした、画像、ボタン、テキストなどのコンテンツを指すマーケティング用語です。例えば「購入」、「申し込み」、「登録」、「フォロー」などです。ユーザーに合った適切なCTAを用いることでCVRの向上を増加させることができます。

CTAの設置場所はユーザーの購買意欲が高まる場所にする。

CTAの効果的な設置場所としては、ユーザーの購買意欲が高まるタイミングや目立ちやすいヘッダーなどが挙げられます。

関連キーワード


>>用語集へと戻る