CTRとは【クリック率】 意味・用途

CTRはClick Through Rateの略で、通称クリック率と呼ばれます。具体的には、ページ、電子メール、または広告を閲覧したユーザーの合計数に対して、特定のリンクをクリックしたユーザーの比率です。クリックされるということはユーザーがその広告などに興味を持ったという根拠になるため、その効果測定に使用される値です。

ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルやスニペットにする。

検索結果においてはタイトルやスニペットがCTRに大きく寄与するため、それらに対象キーワードを入れたり、ユーザーがクリックしたくなるような内容にすることが重要です。

関連キーワード


>>用語集へと戻る