CVRとは【コンバージョン率】 意味・用途

CVRとはConversion Rateの略で、通称コンバージョン率と呼ばれます。具体的にはWebサイトにアクセスしたユーザーのうち、登録、購入など、目的の操作を実行したユーザーの数の比率を指し、「コンバージョン数/合計クリック数」で計算されたパーセント値をいいます。

CVRを上げる施策として、A/Bテストが有効です。

CVRを上げる施策としてA/Bテストがあります。例えば購入ボタンの色や位置を変えることでコンバージョンへの影響を測定し、CVRの高かった方を選択します。

関連キーワード


>>用語集へと戻る