DMCAとは 意味・用途

DMCAとは、Digital Millennium Copyright Actの略で、通称デジタルミレニアム著作権法と呼ばれます。1998年にアメリカで制定されたデジタル著作権管理法で、その目的は、著作権所有者と消費者の両方の権利を保護することです。
この法律により、著作権が侵害された場合、プロバイダに削除申請することができるようになりました。またGoogleにおいても著作権侵害による削除の申請ができ、認められた場合はGoogleのインデックスから削除してもらえます。

DMCAを悪用はかえってブランドイメージを傷つけることになるので、正しい申請方法が求められています。

DMCAに関する申請を悪用して、自社に不利な情報を削除するケースが確認されています。しかし、そうした対応では、悪用したことがSNS上で拡散されてしまい、かえってブランドイメージが傷つくことになります。
DMCAの申請は利用方針に沿って正しく利用し、風評や批判に関する情報には、事業として本質的な対策を行いましょう。


>>用語集へと戻る