ファイブフォース分析とは【ファイブフォースぶんせき,5フォース分析,5 Forces Analysis,5F分析】 意味・用途

ファイブフォース分析とは、業界の構造を5つの競争要因から分析するフレームワークであり、マイケル・ポーター著「競争の戦略」で知られるようになった手法です。
5つの競争要因は「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「競争企業との関係」という3つの内的要因、および「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」の2つの外的要因から構成され、これらを分析することで業界の競争環境とその中における自社の位置づけを知ることができます。自社の強みと弱み、さらには将来的なリスク(脅威)を把握することで、戦略に役立てることができます。

対象の業界をきちんと設定し、分析単位も明確にすることが重要。

ファイブフォース分析の実施にあたっては、対象となる業界をどのように切り分けて設定するかがきわめて重要になります。取り扱う商品やサービス、企業規模や数、期間(スパン)など、どのような単位で分析するのかを明確にしておかないと、正確かつ客観的な評価が行えません。実態を正確に捉えずに主観的に過ぎる分析を行っても、事業戦略の立案にはかえって害になるので中が必要です。


>>用語集へと戻る