ヒートマップとは 意味・用途

ヒートマップとはユーザーがwebページ上の「どこをよく読んでいるか」「どこをよくクリックしているか」「どこまで読まれているか」を視覚的に表したものです。
ヒートマップツールの機能は開発会社によって様々ですが、共通しているのは、ユーザーが興味を強く持った部分を暖色系の色で表し、逆に興味を持たなかった部分を寒色系の色で表しています。

ヒートマップはGoogle Analyticsではわからないユーザー行動分析ができる

Google Analyticsなどの分析ツールでは、ユーザーがwebページをどのように行動しているかまではわからないため、ヒートマップが注目を浴びています。


>>用語集へと戻る