.htaccessとは【ドットエイチティアクセス,エイチティアクセス】 意味・用途

htaccess(エイチティアクセス)とは、 Apache(アパッチ)などのソフトウェアが使用されている環境(主にWebサーバー)において、ディレクトリ単位で制御するための設定ファイルです。
htaccessによって、Basic認証、Webページのリダイレクト、404エラーページ、特定環境からのアクセスの拒否などが設定できます。
現在使用されているWebサーバーで設定および使用が可能かどうかは、 サーバーの管理者にご確認ください。
.htaccess 自体はシンプルなテキストファイルでので、テキストエディタなどで簡単に編集を行うことができます。

htaccessは誤って設定した場合、重大なエラーとなるリスクがある

htaccessはファイル名であり、ファイル拡張子ではありません。
このファイルは、指定されたディレクトリ内の「すべてのディレクトリ」「すべてのファイル」「サブディレクトリ」に適用されます。

SEOに関連したhtaccessの編集が必要なシーンは、リダイレクトや404ページの設定など様々です。
WordPressなどのCMSでは、サイトの設定によって自動的に書き換えられるケースがほとんどです。
例として、WordPressにおいてリダイレクトの設定を行う場合、プラグインを用いて管理画面などから設定できるため、直接編集する機会は多くありません。
誤って設定した場合、表示エラーやアクセス不可となる大きなリスクを伴うため、手動で更新する場合はテスト環境などで確認の上、有識者がファイルを編集することが望ましいでしょう。

関連キーワード


>>用語集へと戻る