インデックスとは【インデキシング】 意味・用途

インデックスとは一般に索引や見出しの意味であり、SEOにおいてはGoogleのクローラーが収集したWebページを格納したデータベースを意味します。検索ユーザーはインターネット全体を直接検索しているわけではなく、あくまでインデックスされた情報を対象に検索し、ランキングを行っているため、インデックスされていないWebページが検索結果に表示されることはありません。インデックスが行われやすくするためには、ステータスコードのエラーがないかチェックし、XMLサイトマップを作成したり、サイト内リンク構造を整備するなどの対応方法があります。

特定のページがインデックスされているかを調べるには「info:」「site:」を用いて検索するほか、Googleのサーチコンソールで確認

最も簡単に調べる方法は、「site:」演算子を用いて「site:ページURL」でGoogle検索することです。
一方で、「site:」はすべてのページを正確に出力する演算子ではありません。「site:ドメイン」で出力される件数=「インデックスされているページ数」ではありませんので、ご注意ください。

※Googleは、2019年3月に演算子「info:」のサポートを終了しました。

自身のサイトにおけるインデックスの状態を最も正確に把握するためには、Googleが提供している無料ツール、Search Console(サーチコンソール)にて「URL検査ツール」を使用しましょう。
Search Consoleの上部にある検索バーにURLを入力し、検査すると、インデックス状況が表示されます。
正常にインデックスされている場合、「URL は Google に登録されています」と表示されます。

また、ドメイン全体のインデックス状態を確認したい場合はSearch Consoleの「カバレッジ」から確認します。
「有効」のステータスとなっているページが、現在インデックスされているページ数です。
「除外」のステータスとなっているページは、何らかの理由によりインデックスされていないページを指します。
意図しない形でインデックスされていないページがある場合、それがサイトにとって重要なページであるならば、改善する必要性は高いでしょう。

関連キーワード

関連記事

成果の出るSEOプロジェクトに投資しませんか?

「どんな成果が出たのかよくわからないまま終わってしまった」、そんな経験はありませんか?
SEOは手触り感を持って進めることが難しい施策です。

SEOはコンテンツが大事と聞いて記事を作ったが、お問い合わせが増えなかった・・・
SEOコンサルから改善策をもらったが実装出来なかった。実装しても成果に繋がらなかった・・・
記事を大量に依頼したが、質の低いものばかりでほぼ使えなかった・・・

記事を作るだけでは成果に繋がりにくく、お金を払ったのに、事業目標に貢献しなかったという声をよく聞きます。

様々なSEOプロジェクトに携わった経験から、企業のWebサイト運営で考えるべきは“誰に何を伝えたいか”だと考えています。

当社は、事業の目的に沿った指標を定義し、SEO専門家が必要な改修案とコンテンツを適切なタイミングで提供します。

アイオイクスにSEOの無料相談をする

SEOの資料を無料で受け取る

下記のような検索からCV、また売り上げに貢献した事例が多数ございます。いまモヤモヤしているSEOの課題、ぜひ当社にお聞かせください。

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。
SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次