インデックスとは【インデキシング】 意味・用途

インデックスとは一般に索引や見出しの意味であり、SEOにおいてはGoogleのクローラーが収集したWebページを格納したデータベースを意味します。検索ユーザーはインターネット全体を直接検索しているわけではなく、あくまでインデックスされた情報を対象に検索し、ランキングを行っているため、インデックスされていないWebページが検索結果に表示されることはありません。インデックスが行われやすくするためには、ステータスコードのエラーがないかチェックし、XMLサイトマップを作成したり、サイト内リンク構造を整備するなどの対応方法があります。

特定のページがインデックスされているかを調べるには「info:」「site:」を用いて検索するほか、Googleのサーチコンソールで確認

最も簡単に調べる方法は、「site:」演算子を用いて「site:ページURL」でGoogle検索することです。
一方で、「site:」はすべてのページを正確に出力する演算子ではありません。「site:ドメイン」で出力される件数=「インデックスされているページ数」ではありませんので、ご注意ください。

※Googleは、2019年3月に演算子「info:」のサポートを終了しました。

自身のサイトにおけるインデックスの状態を最も正確に把握するためには、Googleが提供している無料ツール、Search Console(サーチコンソール)にて「URL検査ツール」を使用しましょう。
Search Consoleの上部にある検索バーにURLを入力し、検査すると、インデックス状況が表示されます。
正常にインデックスされている場合、「URL は Google に登録されています」と表示されます。

また、ドメイン全体のインデックス状態を確認したい場合はSearch Consoleの「カバレッジ」から確認します。
「有効」のステータスとなっているページが、現在インデックスされているページ数です。
「除外」のステータスとなっているページは、何らかの理由によりインデックスされていないページを指します。
意図しない形でインデックスされていないページがある場合、それがサイトにとって重要なページであるならば、改善する必要性は高いでしょう。

関連キーワード

関連記事


>>用語集へと戻る