キーワード出現率とは【キーワード含有率,キーワード密度,Keyword Density】 意味・用途

キーワード出現率とは、Webページのコンテンツ内に出現する単語(キーワード)の割合のことです。
かつてはSEOにおいてキーワード出現率の調整は有効とみられていましたが、現在のSEOにおいてはキーワード出現率の高さは上位表示に直結せず、具体的に有効な数字の水準は存在しません。
該当のキーワードを検索している検索エンジンの利用者にとって、必要な情報をわかりやすく伝えることが最も重要です。

キーワード出現率が上位表示の指標として使用できない理由

現在のGoogleのように200以上の複雑なアルゴリズムによって検索結果のリストが生成されるなかにおいて、検索エンジンがキーワード出現率を重視しない理由は明白です。
自身の代表的なプロダクトの価値を下げることになるためです。

仮にキーワード出現率が順位に大きく影響を与えるようなアルゴリズムであった場合、上位表示させたいサイト管理者はこぞって不自然にキーワードを詰め込んだコンテンツを作るでしょう。
そのようなサイトを閲覧した利用者が満足するはずがありません。利用者は減り、検索エンジンにおける広告の価値は下がってしまいます。

つまり、検索結果が重要なプロダクトであるGoogleなどの検索エンジンにとって、安易に攻略できる指標を用いることは自身の製品価値を下げるものであり、企業価値そのものに影響します。
そのため、技術が進歩した現代において、「キーワード出現率」などのサイト管理者が用意に調整できる指標はSEOとして有効となりえないのです。

関連キーワード


>>用語集へと戻る