ランディングページとは【LP】 意味・用途

ランディングページとは、検索や広告などにより外部からWebサイトに訪れたユーザーが最初にアクセスするページ、すなわち着地先のページを指します。サイト内の行動の起点となるため、重要性が高いと考えられています。
また、狭義の意味でのランディングページも存在します。この場合は商品・サービス説明から問合せ、購入といったクロージングまで、ユーザーに対するすべてのアクションを1ページで完結させるページを指しています。他ページへの遷移が不要なため、適切な内容で作られた狭義のランディングページへと広告などから誘導することで、高いコンバージョン率が狙える傾向にあります。

LPは直帰率も高くなるため通常のサイトとは異なる対策が必要になる。

狭義のランディングページは高いコンバージョン率を狙いやすいものの、同時に直帰率も非常に高くなります。1ページですべてを完結させる必要がある一方で、少しでもわかりにくかったり飽きたりすれば、他ページに遷移することなく離脱してしまうのです。通常のサイト制作とは大きく異なるアプローチでコンテンツを作成する必要があります。

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次
閉じる