meta refreshとは【メタ リフレッシュ】 意味・用途

meta refresh(メタリフレッシュ)はHTMLのタグの一種で、HTMLタグにおいてmetaタグに分類されます。
そのため、headタグ内で記述するタグであり、記述をすることで訪れたユーザーを指定したURLに転送することができます。

例 ユーザーがサイトを訪れた3秒後に指定したURLへ転送を行う場合の記述例
<meta http-equiv=”refresh” content=”3;URL=’http://www.example.com/’” />

このような、行為をリダイレクトと一般的には呼びますが、基本的には301/302リダイレクトを活用するケースが多いです。また、リダイレクトは、サイトの移転によるドメイン変更が必要になる場合などに使われます。

関連キーワード

関連記事

成果の出るSEOプロジェクトに投資しませんか?

「どんな成果が出たのかよくわからないまま終わってしまった」、そんな経験はありませんか?
SEOは手触り感を持って進めることが難しい施策です。

SEOはコンテンツが大事と聞いて記事を作ったが、お問い合わせが増えなかった・・・
SEOコンサルから改善策をもらったが実装出来なかった。実装しても成果に繋がらなかった・・・
記事を大量に依頼したが、質の低いものばかりでほぼ使えなかった・・・

記事を作るだけでは成果に繋がりにくく、お金を払ったのに、事業目標に貢献しなかったという声をよく聞きます。

様々なSEOプロジェクトに携わった経験から、企業のWebサイト運営で考えるべきは“誰に何を伝えたいか”だと考えています。

当社は、事業の目的に沿った指標を定義し、SEO専門家が必要な改修案とコンテンツを適切なタイミングで提供します。

アイオイクスにSEOの無料相談をする

SEOの資料を無料で受け取る

下記のような検索からCV、また売り上げに貢献した事例が多数ございます。いまモヤモヤしているSEOの課題、ぜひ当社にお聞かせください。

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。
SEOコンサルティング サービスページ

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次