ミラーサイトとは 意味・用途

ミラーサイトとは、元のWebサイトとまったく同じあるいは一部同じ内容で作られたコピーサイトのことであり、鏡に映したような状態からミラーサイトと呼ばれます。かつてはSEOに効果があるとされた時期もありますが、現在は品質の悪いページとして評価を下げる要因のひとつです。
SEOとしては不要な存在となりましたが、災害時などにアクセス負荷を軽減する目的のミラーサイトは、自治体等を中心に現在でも運用されています。
また、有名サイトの内容をコピーすることで、利用者から個人情報などを抜き取るフィッシング目的のミラーサイトも存在しています。これらは発見次第、検索エンジンへの削除要請を行う必要があります。

正式なミラーサイトの運用にはnoindexやcanonicalによる対応が必要になる。

アクセス負荷の軽減を目的としてミラーサイトを運用する場合は、noindexを付けてインデックスの対象外にしたり、canonicalを付けることでどれが正規のURLなのかを明確にすることで、悪質なコピーと判断されないように対処する必要があります。


>>用語集へと戻る