OGPとは 意味・用途

OGPとは、「Open Graph Protocol」の略語であり、設定をすることでWebコンテンツのタイトルやサムネイル画像、ディスクリプション(導入文)なの情報をブラウザに正しく伝えるためのHTML要素です
例えばFacebookやTwitterなどのSNSにおいて、OGPを設定するとURLをシェアした場合にそのWebコンテンツのタイトルやサムネイル画像が表示されるようになります。
そのため、OGPを活用することでユーザーへの訴求力を高めることができ、クリック率などの向上を見込むことができる重要な施策の一つです。


>>用語集へと戻る