ページレイアウトアルゴリズムとは 意味・用途

ページレイアウトアルゴリズムとは、Webサイトのレイアウトが検索ユーザーの利便性に与える影響を評価する、Googleのアルゴリズムのひとつです。検索結果からサイトに遷移したユーザーが最初に目にするファーストビューにおいて、ユーザーの役に立つコンテンツが表示されず、ユーザーの検索目的に関係のない広告ばかりが表示される場合に評価が下がるアルゴリズムとされています。
どの程度の広告量で評価が下がるのかといった基準は公開されていませんが、サイトの収益性のみを求めて過剰な広告を掲載し、ユーザーの利便性を著しく低下させていると判断された場合に評価が下がります。

広告に制限があるわけではないので、通常範囲の掲載であれば影響はない。

Googleは広告によるマネタイズを否定しているわけでもないし、広告掲載に制限をかけているわけでもありません。対象はあくまでも行き過ぎた広告によってユーザーの利便性を著しく害しているケースであり、その場合もペナルティが与えられるわけではなく、アルゴリズムによって順位が下がるだけです。通常のWebサイトにおける広告掲載程度であればほぼ影響はないと考えられています。


>>用語集へと戻る