ページネーションとは【ページ送り,ページ分割】 意味・用途

ページネーションとは、長くなりすぎたページを分割する方法のこと。たとえばECサイトのカテゴリページで件数が大量にあるときや検索結果を表示するときなどに、適切にページを分けることでサイトが使いやすくなります。

長すぎるページはユーザーにとっても読みにくいため、UX向上の面からも重視されている項目です。
またSEOの観点からは、ページネーションのタグを適切に用いることで、複数に分割されたページもひとつながりのコンテンツとして扱われ、被リンクなどの評価もまとめて行われるというメリットがあります。

Googleではページネーションの属性、rel=prev/nextのサポートを終了

Googleは2019年3月21日に公式Twitterにて、rel=”next” と rel=”prev”についてはGoogle 検索でのサポートを終了したことを告知しました。

各ページは独立したページとして扱われれる

rel=”next” と rel=”prev”のサポート終了により、Googleがこのマークアップの記述を基に、他のページと繋がりがあると認識したり、1ページに評価を統合したりすることはありません。

ですが、Bingでは rel=”next” と rel=”prev”をサポートしています。

サポート終了したからと削除したり、特別にマークアップを変える必要はありません。

ユーザビリティのみを考慮してページ送りの機能を考える

対象コンテンツにあわせて1ページに表示する量を最適化する必要があります。

ページネーションにおいては、単一の1ページにどれだけの内容を表示するかが重要です。

たとえばGoogleの検索結果は標準で1ページに10個ですが、これは上位10サイトほどがとくに重要だという考え方に基づきます。

これがショッピングサイトなどであれば、逆に10個では少なすぎて比較検討しにくいため、数十個を表示すべきでしょう。

ユーザー体験を考慮すると、対象となるコンテンツにあわせて適切な数量でのページネーションを行う必要があります。

 

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次
閉じる