ページネーションとは【ページ送り,ページ分割】 意味・用途

ページネーションとは、長くなりすぎたページを分割する方法のこと。たとえばECサイトのカテゴリページで件数が大量にあるときや検索結果を表示するときなどに、適切にページを分けることでサイトが使いやすくなります。
長すぎるページはユーザーにとっても読みにくいため、UX向上の面からも重視されている項目です。
またSEOの観点からは、ページネーションのタグを適切に用いることで、複数に分割されたページもひとつながりのコンテンツとして扱われ、被リンクなどの評価もまとめて行われるというメリットがあります。

対象コンテンツにあわせて1ページに表示する量を最適化する必要がある。

ページネーションにおいては、1ページにどれだけの内容を表示するかが重要になります。たとえばGoogleの検索結果は標準で1ページに10個ですが、これは上位10サイトほどがとくに重要だという考え方に基づきます。これがショッピングサイトなどであれば、逆に10個では少なすぎて比較検討しにくいため、数十個を表示すべきでしょう。対象となるコンテンツにあわせて適切な数量でのページネーションを行う必要があるのです。


>>用語集へと戻る