パンダアップデートとは 意味・用途

パンダアップデートとは、主に「低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするため」のGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの呼称です。
2011年に英語圏を中心に導入され話題になり、2012年7月にようやく日本にも導入されました。
導入当初は手動によるアップデートでしたが、2013年3月からは自動更新に変更。
低品質なコンテンツを検索結果から除外することで、結果的に検索結果上位に品質の高いウェブサイトを表示できるようになりました。

パンダアップデートが注目されたのはその影響度の大きさから

日本でも、英語圏で導入された2011年から2015年ごろまで、更新のたびにその影響範囲や内容について注目されました。
その理由は、ウェブマスターが「自分のサイトにパンダアップデートが適用され、順位が下落すること」を恐れたためです。
そういった不安を抱く背景として、先に導入された米国で不幸にも順位下落の憂き目にあったサイトのウェブマスターたちがいたことが挙げられます。

そのなかには、そもそも品質的には当時一般的にイメージされる「質の低いコンテンツファーム」サイトとは違うサイトもありました。
サイト運営者にとっては今までの努力が水の泡になったケースがようで(実際のビジネスへの悪影響も相当あったようで)日本でも「うちのサイトはコンテンツファームじゃないから心配ない」と思っていても被害にあってしまうサイトも少なからずありました。

関連キーワード


>>用語集へと戻る