PDCAとは 意味・用途

PDCAは、「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」それぞれの頭文字をとった略語です。

PDCAのP(Plan)とは、目標を設定し、目標達成のために必要な計画を立てることです。
PDCAのD(Do)とは、Pの計画を元に実行することです。
PDCAのC(Check)とは、計画と実行の乖離がないか検証を行うことです。
PDCAのA(Action)とは、計画から検証までの過程から導かれた結果をもとに計画及び業務改善を行うことです。

こちらは、PDCAサイクルとも一般的には呼ばれる手法であり、PDCAを繰り返して改善活動を行うことで業務精度を高めていくことが目的です。


>>用語集へと戻る