リッチコンテンツとは 意味・用途

リッチコンテンツとは、Webサイト上において静的なテキストや静止画像だけなく、動画などの映像やアニメーション、CGや、音声などの音楽、ナレーションを利用した動的なコンテンツを指します。

ユーザーの動きに合わせた相互的な表現が可能であり、テキストや静止画像よりも多くの情報を含めることができ、リッチ(=贅沢)なコンテンツと呼ばれています。

リッチコンテンツが普及した背景

2000年代ではFlashが主流でしたが、Youtubeが大きくシェアを伸ばしてきた現在では、実写映像やアニメーション、3DCGなどによって「わかりにくいモノ・コト」を伝える表現として使用されています。

総務省が発表した「通信系コンテンツ市場規模の推移」においては、2013年から2017年にかけて市場は2.3兆円から3.7兆円まで伸びており、近年、5G(第5世代移動通信システム)が広く普及すると想定されることから、Webにおけるコンテンツのリッチ化はより進むと考えられています。

総務省情報通信政策研究所「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」

(出典)総務省情報通信政策研究所「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」

リッチコンテンツのメリット・デメリット

利点としては、ユーザーが直感的・感覚的に理解できるため、高い訴求力があります。

一方、懸念点としては、コンテンツのデータ容量が大きく、体験がユーザーの環境に左右される点と、通信量における制約への対処などのインフラ面があげられます。

関連記事

SEO Japanおすすめ記事

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次
閉じる