検索エンジンとは 意味・用途

検索エンジンとは、キーワードを入力すると、関連するWebサイトを探し出して表示するシステムのことです。
検索システムは、主に3種類に分けられています。

①サイトをプログラムによってデータベース化した「ロボット型検索エンジン」

例)Google,Bing
②サイトを人がカテゴリー別に分けてデータベース化した「ディレクトリー型検索エンジン」

例)Yahooカテゴリ(2018年3月29日にサービス終了)

③自前でデータベースを構築せずに、他の検索エンジンのデータベースを利用した「メタ型検索エンジン」

例)Ceek.jp

現在の主流はGoogleを代表とする①のロボット型検索エンジンです。

世界では、Bingのほかに中国のBaidu(百度:2020年3月時点でおおよそ中国国内7割)、ロシアのYandex(2019年7月時点でおおよそロシア国内シェア半数)などもありますが、全体でみるとGoogleが9割を超え、1位の座を確立しています。

関連キーワード

この記事を書いた人

2002年設立のSEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社です。お問い合わせは、サービスサイト「SEO Japan」よりお願いします。

目次
閉じる