検索エンジンスパムとは 意味・用途

検索エンジンスパムとは、検索エンジンで特定のwebサイトが検索結果の上位に表示させるように、何らかの仕掛けをすること、および施されたwebページのことです。
Googleのガイドラインでは、5つの禁止項目があげられています。
①意味不明な自動生成テキスト
②コンテンツの無断コピー
③検索エンジンとユーザーに違う情報を見せるクローキング
④不正にランキングを操作するためのリンク操作
⑤マルウェア・悪意のあるソフトウェア感染
違法だとみなされた場合、ペナルティとなる可能性があります。


>>用語集へと戻る