セッションとは 意味・用途

セッションとは、ユーザーが特定のWebサイトにアクセスした際の一連の閲覧行動を指します。
特定のサイトやページにおけるセッションの数を「セッション数」と呼びますが、「ユーザー数」と混同されることが多いので注意が必要です。
ある日、一人のユーザーが特定のサイトを2回閲覧した場合(他のユーザーのアクセスはなかったとする)、セッション数は2、ユーザー数は1となります。


>>用語集へと戻る