サイトマップとは 意味・用途【HTMLサイトマップ,XMLサイトマップ】

サイトマップは大きく分けて2種類存在し、XMLサイトマップとWebページ上のサイトマップが存在します。
XMLサイトマップはGoogleボットなどのクローラー向けに提示するものであり、最終更新日、更新頻度、優先順位などが記載されています。

Webページ上のサイトマップ(HTMLサイトマップ)は主に訪問ユーザーに対して、サイト内のコンテンツを伝えるための案内図として機能します。

XMLサイトマップをサーチコンソールに登録し、検索エンジンのクローラーが巡回しやすい状態にしよう

そもそもGoogleが検索結果を作る仕組みとして、まず最初にWebサイト内を巡回し、HTML、画像、テキスト、画像等の情報を取得してGoogleのデータベースに「インデックス」を行います。

Googleはサイトマップの情報を利用して巡回するため、XMLサイトマップを登録しておくと、更新した内容が検索結果に反映される手助けとなります。

関連キーワード

関連記事


>>用語集へと戻る