ユーザーテストとは【ユーザビリティテスト】 意味・用途

ユーザーテストとは、Webサイトを実際にユーザーに利用してもらい、そこから使いやすさなどについての課題を見つけ出す手法のことです。
ターゲットとなり得る実際のユーザーに第三者的な視点から評価してもらうため、制作者では気がつきにくい課題を見つけ出せるのが特徴です。
また、テスト時の心理状況や感想、実際の操作状況などを調べることで、「なぜそのような行動になったのか」というユーザー心理も把握できるため、なぜクリックしたのか(しなかったのか)などのサイト内行動の課題抽出もしやすくなります。
なお、デザインのように主観要素が強いものよりも、機能性や操作性などを対象にテストが行われるのが一般的です。

被験者のリクルーティングやシナリオ設計、録画機器など事前の準備も重要。

ユーザーテストは定量調査ではなく定性調査であるため、一般的には5人程度の被験者で十分と言われています。また事前の準備では、被験者のリクルーティングはもちろん、目的設定や仮説の設計、テストシナリオの設計などの内容面に加えて、テスト会場や録画機器などファシリティ面の準備も重要です。

SEO Japanおすすめ記事


>>用語集へと戻る