サーチコンソールとは【旧:ウェブマスターツール,Search Console】 意味・用途

サーチコンソールとは、Google 検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理ができる無料ツールです。

①検索上での表示回数、クリック数、平均順位の閲覧
②インデックス状況の確認
③Googleからのアラートメッセージの閲覧・管理
④リンク元・リンク先の確認
⑤内部リンクの確認
⑥AMPに関する読み取り状況とその理由の確認
⑦手動による対策’(ペナルティ)の確認

など、多くの機能を無料で使用することができ、これらを組み合わせて使用することで、より効果的なSEOができるようになります。

サーチコンソールは今後も機能を拡張されると推測

前身であるウェブマスターツールが登場したのは2006年。
ウェブマスターがクローリング時のエラーや、どのような検索の時にサイトが表示されているのかを見たり、再クロールをリクエストすることができるツールとして公開された。
サーチコンソールとなってからは「検索アナリティクス」からサイトの表示されるキーワード、表示回数、クリック数、順位が閲覧可能になりました。
その後、更に遡って検索状況を確認できる機能などを設けたベータ版をリリース。2018年12月14日に完全以降しました。
今後も機能を拡張していくものと思われます。

関連キーワード


>>用語集へと戻る