Google Search Consoleで「有効(警告あり)」が出た時の対処方法

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

前回に引き続きGoogle Search Consoleをテーマにお話しします。

今回は「カバレッジの有効(警告あり)」についてです。

カバレッジ有効(警告あり)

エラーではなく「警告」であるため、気にされない方も多いと思いますが、インデックスさせたくないページがインデックスされてしまっている状態であり、対応が必要なサイトオーナーも多いはずです。

もしかしたら、あなたが運営しているサイトも同じことが起きているかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

Google Search Consoleのカバレッジ「有効(警告あり)」とは

Google Search Consoleのカバレッジの「有効(警告あり)」は、「Googleがページをインデックス登録したものの、警告を発している」際に出てくるものです。

エラーや除外は複数のパターンがありますが、警告の場合は1パターンしかありません。

robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」のみです。

robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました

なぜrobots.txtでブロックしているにも関わらずインデックスされてしまったかというと、他のページから内部リンク(nofollow無し)が張られているためです。

robots.txtと内部リンクの矛盾

「robots.txtでブロックしているのに、内部リンクが張られているのでクロール・インデックスできてしまっていますよ」と、Googleが警告しているんですね。

そのため「有効(警告あり)」という矛盾するような表現になっています。

このあたりは「ウェブマスター オフィスアワー(2020 年 08 月 06 日)」でGoogleの金谷さんがわかりやすく説明してくれてます。

有効(警告あり)が出ているページの検索結果

インデックスはされていますが、ページの中身はクロールしていないため、下記のように「このページの情報はありません」と検索結果に表示されます。

警告ページの検索結果

 

有効(警告あり)の対処方法

警告が出ているページがどうあるべきかによって対処方法は変わってきます。

インデックスさせたくない場合

非公開のコンテンツのように、インデックスさせたくないページでしたら「noindexを対象ページに入れる」か、「認証を使ってページへの匿名アクセスを禁止」するかの二択です。

ただ、noindexを入れる場合には注意が必要です。

理由はブロックしたままだと、GoogleBotがnoindexを認識できないためです。

robots.txとnoindex1

そのため、noindexを入れると同時にrobots.txtのブロックを外さなければいけません。

robots.txtとnoindex2

インデックスさせたい場合

そもそもインデックスさせたいのにrobots.txtでブロックしていた場合は単純で、robots.txtのブロックを解除するだけです。

修正ができたら「修正を検証」を行い、Googleが修正内容を認識するのを待ちましょう。

修正を検証

まとめ

Google Search Consoleのカバレッジ「有効(警告あり)」について、発生する原因と対象方法を解説いたしました。

最後に対処方法を改めてまとめます。

  • インデックスさせたくない
    • 「noindex」を対象ページに入れて、robots.txtのブロックを解除する
    • 「認証」を使ってページへの匿名アクセスを禁止
  • インデックスさせたい場合
    • robots.txtのブロックを解除

いずれもすぐにできることですので、ぜひ試してみてください。

もしSEOでお困りのことがありましたら、アイオイクスまでお問い合わせください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!


無料サイト診断サービスを行っています

アイオイクス株式会社では、Webサイトの無料診断を行っております。

弊社のコンサルタントがSEO・CRO(コンバージョン改善)の観点から御社のWebサイトを分析し、改善案を提案させていただきます。

もし興味がございましたら、以下のページよりお申し込みください。
(法人の方向けのサービスとなります)

※サービスサイト(SEO Japan)へと遷移します。