「送信された URL に noindex タグが追加されています」Search Consoleに表示されたときの対処方法

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

今回はGoogle Search Consoleシリーズで、「送信された URL に noindex タグが追加されています」について説明します。

送信された URL に noindex タグが追加されています

sitemap.xmlの使用方法に誤りがある状態ですので、この記事を参考に改善してみてください。

目次

「送信された」とは何を意味しているのか?

sitemap.xmlに送信された」を意味しています。sitemap.xmlは下記のようなURLの一覧です。

sitemap.xml

sitemap.xmlに記載すべきURL

ではsitemap.xmlになぜnoindexが入っているページがエラーになるかといいますと、sitemap.xmlにはインデックスさせたいページを記載するためです。

そのため下記のようなURLは記載すべきではありません。

  • noindexが入っているURL
  • robots.txtでブロックしているURL
  • 404エラーを返しているURL
  • ソフト404エラーのURL
  • リダイレクト元のURL
  • canonical元のURL

そのためGoogle Search Console上のエラーとして、「送信された URL に noindex タグが追加されています」と表示されてしますのです。

noindexの正しい使用方法

Googleが推奨している使用方法は1つで、「サイト内検索」にnoindexを入れることです。

それ以外の使い方をされている場合は、noindex以外の方法を考えた方がいいです。

例えばWordPressのプラグインでよく利用されている「All In One SEO Pack」で、誤ったnoindexの使用方法が見受けられます。

詳細は「「All In One SEO Pack」でよくある、SEOの致命的なミス」で説明しておりますので、こちらを参照してください。

対処方法

誤った使用方法のnoindexであれば、noindexを外します。

正しい使用方法のnoindexであれば、sitemap.xmlから対象ページを削除し、sitemap.xmlを再送信します。

Googleに新しいsitemap.xmlが認識された場合、エラーから消え、除外に「noindex タグによって除外されました」と表示されるようになります。

	noindex タグによって除外されました

sitemap.xmlの例外的な使用方法

例外として、設定したnoindexを早くGoogleに認識してもらうためにsitemap.xmlへ記載することは認められています。

noindexの例外
noindexの例外2

この場合の注意点として、sitemap.xmlに記載し続けるのではなく、noindexがGoogleに認識されたらsitemap.xmlから削除します。

まとめ

noindexは対象ページの評価を0にするものなので、設定する際は注意しましょう。

また、sitemap.xmlはGoogleのクローラがクロールする際に重要視しているものですので、正しく記載することが大事になります。

sitemap.xmlにミスがないか、もっと確認したい方は「Google Search Consoleで「sitemap.xmlのミス」を見つける方法」を参考にして下さい。

もしSEOでお困りのことがありましたら、下記から問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービス資料のダウンロードは下記からできます。

サービス資料ダウンロード

では、また次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

システムエンジニアと事業経営を経てアイオイクス株式会社に入社。

インハウスとアフィリエイトでWebマーケティングを学び、現在はWebコンサルタントとして従事しています。

SEO歴:11年

保有資格:「中小企業診断士」
認定試験:「米国CXL社認定Optimizer」「米国semrush社 テクニカルSEO試験合格

Twitter:@go_tanifuji

目次
閉じる