「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」とSearchConsoleで表示されたときの対処方法

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

今回はSearch Consoleシリーズで、「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」について説明します。

重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません

「これだけ見ても、何をどうしたらいいかわからない」とお客様からお問い合わせをいただくことも多いので、参考にしていただければ幸いです。

目次

「重複コンテンツ」が発生している

このメッセージが出ているページは、他のコンテンツと「全く同じ」か「類似している」状態、つまり「重複コンテンツ」です。

重複コンテンツが発生している場合は、どのページが「正規ページ(インデックスさせたいページ)」なのかGoogleに伝える必要があり、これを「URLの正規化」といいます。

URLの正規化を行っていない場合、Googleが独自の判断でURLの正規化を行うことがあります

その際に「非正規ページ(インデックスさせたくないページ)」になったページに対して、この「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」が表示されます。

このページには重複するページがあり、そのどのページも正規ページとして指定されていません。

Google ではこのページが正規ページではないと判断しています。

●引用元:インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

●参考記事:重複コンテンツがSEOに与える影響と対処方法

対処方法

まずGoogleがどのページを正規ページにしているのか確認するために、「URL検査」を行います。

調べたいページの横にある虫眼鏡のマークを選択するとURL検査ができます。

URL検査

検査結果にある、「Google が選択した正規 URL」が正規ページと見なされているページになります。

Googleが選択した正規URL

「Google が選択した正規 URL」が正しい場合

Googleが選択したURLが正規ページとなるようにURLの正規化を行います。

Googleが推奨しているやり方は下記の4つです。

  1. rel=”canonical”を使用する
  2. canonical HTTP ヘッダーを使用する
  3. 301 リダイレクトを使用する
  4. sitemap.xmlを使用する

1.canonicalタグを使用する

「非正規ページ」と「正規ページ」を両方ユーザーに見せたい場合に使用します。

例えばリスティング広告を出稿していて、そのランディングページに、下記のような測定用のパラメーターを付けることがあります。

https://example.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc

元々のページは下記のようにパラメーターが無いので、

https://example.com/

この2つが重複コンテンツになってしまいます。

しかし、どちらもユーザーに見せる必要があるので「canonical」を使用します。

正規ページをパラメーター無しにする必要があるので、パラメーター無しのページに下記のようにマークアップし、

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/” />

「非正規ページ(パラメータ有り)」から「正規ページ(パラメーター無し」にcanonicalを向けます。

canonicalの使用例

2.canonical HTTP ヘッダーを使用する

PDFファイルのように、HTTPタグを記載できない場合に使用します。

たとえば、複数の URL で 1 つの PDF ファイルを表示する場合、重複した URL について次のような rel=”canonical” HTTP ヘッダーを返して、その PDF ファイルの正規 URL がどれであるかを Google に伝えることが可能です。

Link: <http://www.example.com/downloads/white-paper.pdf>; rel=”canonical”

重複した URL を統合する – Search Console ヘルプ

3.301 リダイレクトを使用する

canonicalは「非正規ページ」と「正規ページ」を両方ユーザーに見せたい場合に使用しますが、301リダイレクトは「正規ページ」のみユーザーに見せたい場合に使用します。

例えば「www有り(www.example.com)」と「www無し(example.com)」で、「www有り(www.example.com)」を正規ページにしたい場合です。

この場合は下記のように「非正規ページ(example.com)」から「正規ページ(www.example.com)」に301リダイレクトを向けます。

301リダイレクトの使用方法

4.sitemap.xmlを使用する

sitemap.xmlとは下記のようなURLのリストで、正規ページをGoogleに伝えるために作成するものです。

sitemap.xml

しかし、先に紹介しました「canonical」や「301リダイレクト」よりGoogleに対するシグナルが弱いため、canonicalなどと併用することを推奨します。

rel=canonical マッピングに比べると、Googlebot に対するシグナルとしては効果が弱い

重複した URL を統合する – Search Console ヘルプ

●関連記事:Google Search Consoleで「sitemap.xmlのミス」を見つける方法

「Google が選択した正規 URL」が間違っている場合

正しい正規ページを指定する形で、先に挙げたやり方でURLの正規化を行います。

Googleがどのようにして正規URLを選択しているのか?

Googleのジョン・ミューラーは下記の6つを挙げています。

  1. リダイレクト
  2. rel=”canonical”
  3. sitemap.xml
  4. 内部リンク
  5. 外部リンク
  6. HTTPS

なぜ正規ページにしたいページがGoogleに選ばれないのか?

「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」のメッセージが表示されているページは、そもそもURLの正規化をしていない状態なので、「1.リダイレクト」と「2.rel=”canonical”」が原因であることはありません。

また正規ページにしたいページには、通常 外部リンクが集まっており、またSSL化も行っているはずなので「5.外部リンク」と「6.HTTPS」も当てはまりづらいです。

そのため「3.sitemap.xml」と「4.内部リンク」が原因であることが多いです。

正規ページにしたいページがsitemap.xmlに記載されているか、また内部リンクが集まっているかを確認してみてください。

●参考記事:SEOに効果的な内部リンクの張り方

まとめ

「自分が正規ページにしたいページをGoogleが正規ページと認識してくれない」という相談をよく受けます。

人間関係と同じで、自分のことを理解してもらう前に、相手を理解しなければいけません。

そのため、まずはGoogleのことを理解することから始めましょう。

重複コンテンツについてもっと学びたいのであれば、「重複コンテンツがSEOに与える影響と対処方法」を参考にして下さい。

もし、もっとSearch Consoleを使いこなしたい場合は下記のホワイトペーパーがお勧めです。

SEOでお困りのことがありましたら、下記から問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービス資料のダウンロードは下記からできます。

サービス資料ダウンロード

では、また次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

システムエンジニアと事業経営を経てアイオイクス株式会社に入社。

インハウスとアフィリエイトでWebマーケティングを学び、現在はWebコンサルタントとして従事しています。

SEO歴:11年

【保有資格】
「中小企業診断士」

【認定試験】
米国semrush社 テクニカルSEO試験合格
米国CXL社 テクニカルSEO試験合格
米国CXL社認定Optimizer

Twitter:@go_tanifuji

目次
閉じる