「検出 – インデックス未登録」とSearch Consoleで表示されたときの対処方法

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

今回はGoogle Search Consoleシリーズで、「検出 – インデックス未登録」について説明します。

検出 - インデックス未登録

「これだけ見ても、何をどうしたらいいかわからない」というご相談をいただくことも多いため、参考にしていただければ幸いです。

目次

「検出 – インデックス未登録」と表示される原因と対応策

Googleが公表している原因は下記の2つです。

  1. サイトへの過負荷を予想しクロールを中止した
  2. 内部リンクが張られていない「孤立したページ」と見なされた
  3. 「低品質コンテンツ」と見なされた
  4. 「重複コンテンツ」と見なされた

1.サイトへの過負荷を予想しクロールを中止した

Googleのクローラはページを検出はしたものの、クロールすることでサイトに過負荷を与えてしまうと判断し、クロールを中止した状態です。

そのため「前回のクロール日」が「該当なし」になっています。

前回のクロール日

検出 – インデックス未登録: ページは Google により検出されましたが、まだクロールされていません。これは通常、Google が URL をクロールしようとしたものの、サイトへの過負荷が予想されたため、クロールの再スケジュールが必要となった場合です。そのため、レポート上で最終クロール日が空欄になっています。

●引用元:インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

対応策

「インデックス登録リクエスト」をすることを推奨します。

まず「URL検査」を行い、

URL検査

「インデックス登録をリクエスト」を選択します。

インデックス登録リクエスト

クローラが回ってくるのを待ち、「検出 – インデックス未登録」から表示されなくなるのを確認します。

もし表示され続けた場合は、次の「重要でないページだと見なされた」可能性が高いです。

2.内部リンクが張られていない「孤立したページ」と見なされた

英語版オフィスアワーにおいて、Googleのジョン・ミューラー氏は「検出 – インデックス未登録が 2 年以上解消されない」という質問に対して、「サイトマップで送信しただけで内部リンクが張られていない場合、あまり重要でないとみなされインデックスされないこともある」と回答しています。

つまり、どこからも内部リンクが張られていない「孤立したページ」です。

●参考:Google Search Consoleで「孤立したページ」を見つける方法

対応策

対象ページに内部リンクが張られていないかを確認します。

まずサイドバーにある「リンク」を選択します。

内部リンク

次に内部リンクの下にある「詳細」を選択します。

内部リンクの詳細

「ターゲットページ」を選択し、

ターゲットページ

対象ページのURLを入力すると、内部リンクの数が表示されます。

内部リンクの数

もし内部リンクが張られていない場合は、下記のように内部リンクの数が表示されません。

内部リンクの数が0

この場合、関連する他ページから内部リンクを張ることを推奨します。

Googleが内部リンクを認識したタイミングで「インデックス登録リクエスト」を行い、クロールが行われれば「検出 – インデックス未登録」に表示されなくなるはずです。

3.低品質コンテンツと見なされた

大規模サイトのようにページ数が多い場合は、Googleはすべてのページをインデックスしません。

特に低品質コンテンツと判断されたページの優先度は下げられます。

対応策

GoogleはGoogle Webmaster Central office-hours hangoutの中でページ数を減らすことを推奨しています。

ただ減らすのではなく、関連するページを1つに統合していきます。

それにより、コンテンツの高品質化を行うのです。

●参考:Google Search Consoleで「低品質コンテンツ」を見つける方法と対処方法

4.重複コンテンツと見なされた

URLが非常に類似している場合、Googleは既にあるページだと判断しインデックスしないことがあります。

例えばURLの大文字と小文字の違いのみなどです。

対処方法

これはコンテンツを自動生成しているサイトに多い現象です。

URLの生成に誤りがないか、エンジニアに確認をしてもらいましょう。

●参考記事:重複コンテンツがSEOに与える影響と対処方法

まとめ

「検出 – インデックス未登録」は様々な原因が考えられます。

今回の記事を参考にして、順を追って調べてみてください。

もしSEOでお困りのことがありましたら、下記から問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービス資料のダウンロードは下記からできます。

サービス資料ダウンロード

では、また次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

システムエンジニアと事業経営を経てアイオイクス株式会社に入社。

インハウスとアフィリエイトでWebマーケティングを学び、現在はWebコンサルタントとして従事しています。

SEO歴:11年

保有資格:「中小企業診断士」
認定試験:「米国CXL社認定Optimizer」「米国semrush社 テクニカルSEO試験合格

Twitter:@go_tanifuji

目次
閉じる