「送信された URL はソフト 404 エラーのようです」とSearch Consoleに表示されたときの対処方法

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

今回はGoogle Search Consoleシリーズで、「送信された URL はソフト 404 エラー」について説明します。

送信された URL はソフト 404 エラー

「これだけ見ても、何をどうしたらいいかわからない」とのご質問をいただくことも多いので、参考にしていただければ幸いです。

目次

ソフト404とは?

Googleは下記のように定義しています。

ソフト 404 とは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことをユーザーに伝えるページを表示し、200 レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。

ソフト 404 エラー  |  Google 検索セントラル  |  Google Developers  

存在しないページは「ステータスコード404」を返すのが通常です。

Googleの404エラー

そして、存在するページには「ステータスコード200」を返します。

ソフト404とは存在しないページなのにステータスコード200を返している状態です。

もう少し簡単にいいますと、「存在しないページなのに、存在しているとGoogleに伝えてしまっている状態」ということです。

ソフト404の原因

原因は様々ですが、私の経験上、下記のようなものがあげられます。

  • ステータスコード「404」が未設定
  • 「.htaccess」の記述ミス
  • ページを自動生成するプログラムの設定ミス

ソフト404がSEOに与える影響

Googleのジョン・ミューラー氏はソフト404があるだけでペナルティを与えることはないと述べています。

To be clear: Google will not penalize your site for having soft-404 pages. Having soft-404 pages makes it harder for us to recognize new and updated content on your site, but it does not mean that we would see you site as being any less valuable in the search results :-). There’s no need to rush and do something drastic here. Yes, it would be great if it could be cleaned up (that’s why we have started reporting these things), but in general, it’s not critical.

ソフト404のページが存在するという理由だけで、Googleはペナルティを与えることはない。

ソフト404ページがあると新しいコンテンツや更新したコンテンツを認識しづらくなるが、だからといって検索結果で価値のないサイトだとみなすというわけではない。

焦って思い切ったことをする必要はない。もちろんソフト404をなくすことは良いことだが(そのためにレポート提供を始めた)、一般的にソフト404は致命的なものではない。

Soft 404 Errors – Search Console Community

しかし、ソフト404が大量に存在していたり、増え続けてしまう状態の場合、無駄なクロールが増えてしまいます。

404 / 410(見つからない)または 301(移動した)ではなく成功コードを返すのは、不適切です。成功コードは、その URL に実際のページが存在することを検索エンジンに知らせます。その結果、該当ページが検索結果に表示され、検索エンジンは実際のページをクロールする手間を避けて、実体のない URL を引き続きクロールしようとします。

ソフト 404 エラー | Google 検索セントラル | Google Developers

また、本来ページが存在しているにも関わらず誤ってソフト404になっている場合は、そのページがGoogleから正しい評価を受けられていない状態であるため修正が必要です。

あなたのサイトがこれらに当てはまる場合は、次の対処方法を参考に修正してみてください。

対処方法

状況によって下記の4つのケースに分かれます。

  1. 該当ページが利用できなくなっている
  2. 該当ページが移動した
  3. 一律にTOPページにリダイレクトをしている
  4. ページが誤ってソフト 404 として認識されている

ケース1.該当ページが利用できなくなっている

ページを自動生成するサイトに多く、例えば存在しない商品ページにアクセスした際にステータスコードが「200」になってしまうパターンです。

この場合、「ステータスコード404(見つからない)か410(消滅した)」を返します。

該当ページが利用できなくなっており、明確な代替ページが存在しない場合は、レスポンス コードとして 404(見つからない)または 410(消滅した)を返します。

ソフト 404 エラー  |  Google 検索セントラル  |  Google Developers  

ケース2.該当ページが移動した

この場合、「ステータスコード301」を返し、移動先のページへ遷移させます。

ケース3.一律にTOPページにリダイレクトをしている

これを行ってしまうと、リダイレクト元のページを「ソフト404」とみなすことがあるとGoogleのジョン・ミューラー氏は述べています。

Redirecting to error pages to your homepage would be considered a “soft 404”, which is something that we discourage.

削除したページをトップページにリダイレクトすることは「ソフト404」と見なされますが、これは推奨できません。

How to redirect 404 error page to home page? – Search Console Community
TOPページへ一律リダイレクト

そのため、適切な移動先へ301リダイレクトをして下さい。

もし移動先が存在しない場合は、1つ上の階層へ301リダイレクトを行います。

一つ上の階層へ301リダイレクト

4.ページが誤ってソフト 404 として認識されている

対象ページが存在しているにも関わらず、ソフト404になっている場合は、このケースが考えられます。

原因は下記の3つのパターンです。

  1. リソースがrobots.txt によってブロックされている
  2. ページ上のリソースが多すぎる
  3. 読み込みが遅い

まずrobots.txtで下記のように「JavaScript」や「css」、「jpg」などテキスト以外の要素をブロックしていないか確認して下さい。

robots.txtの設定ミス

もしブロックしている場合は解除をし、ブロックされていない場合は「ページ上のリソースが多すぎる」か「読み込みが遅い」ことが原因なので、リソースの圧縮や余分なリソースの削除を行ってください。

「除外」のソフト404との違い

「送信された URL はソフト 404 エラーのようです」はエラーとして表示されますが、除外の項目にも「ソフト404」があります。

除外のソフト404

何が違うかというと、エラーの方はsitemap.xmlに記載されているページで、除外の方は記載されていないページです。

sitemap.xmlにはインデックスさせたいページを記載するものですので、先に説明しました「ページが誤ってソフト 404 として認識されている」以外のケースはsitemap.xmlからURLを削除して下さい。

●参考:Google Search Consoleで「sitemap.xmlのミス」を見つける方法

まとめ

「送信された URL はソフト 404 エラーのようです」といわれても、どうしたらいいかわからないですよね。

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

もし、もっとSearch Consoleを使いこなしたい場合は下記のホワイトペーパーがお勧めです。

Google Search Console実践マニュアル

サービス資料のダウンロードは下記からできます。

サービス資料ダウンロード

SEOでお困りのことがありましたら、下記から問い合わせください。

お問い合わせフォーム

では、また次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

システムエンジニアと事業経営を経てアイオイクス株式会社に入社。

インハウスとアフィリエイトでWebマーケティングを学び、現在はWebコンサルタントとして従事しています。

SEO歴:11年

【保有資格】
「中小企業診断士」

【認定試験】
米国semrush社 テクニカルSEO試験合格
米国CXL社 テクニカルSEO試験合格
米国CXL社認定Optimizer

Twitter:@go_tanifuji

目次
閉じる