「All In One SEO Pack」でよくある、SEOの致命的なミス

こんにちは、Webコンサルタントの谷藤(@go_tanifuji)です。

今回のテーマはWordPressのプラグインでよく利用されている「All In One SEO Pack」です。

とても便利なツールですが、致命的なミスを犯しているサイトをよく見かけます。

私が担当したAll In One SEO Packを入れているサイトでは、約9割のサイトでミスをしていました。

そこで今回は、どのようなミスをしているのか解説していきます。

All In One SEO Packの「noindex設定」

「All In One SEO Pack」には下記のような「noindex設定」というものがあります。

noindex設定1

致命的なミスとは、下記のように「カテゴリページ」と「タグページ」にnoindexを設定してしまうことです。

noindex設定2

All In One SEO Packの使い方を説明しているサイトを多く見かけますが、その中でカテゴリページにnoindexを入れることを推奨しているものがあります。

しかし、これは間違いです。

Google Webmaster Central office-hoursでGoogleのジョン・ミューラー氏は「カテゴリページはインデックスさせるべきだ」と述べています。

カテゴリページの重要性

例えばGoogleで「ポロシャツ」と検索すると、1位が「ZOZOTOWNのカテゴリページ」です。

ポロシャツの検索順位

Googleは網羅性のあるコンテンツを評価します。

理由は網羅性がある方が、ユーザーの検索意図に多く応えられるためです。

そのため、ZOZOTOWNには様々なブランドのポロシャツのページがありますが、それらを束ねているカテゴリページが網羅性が一番高いため、上位表示されていると考えられます。

このようにカテゴリページは上位表示されやすく、重要なページであるため、noindexを入れるのは致命的なミスといえます。

タグページの重要性

タグページはカテゴリページで対応できなかったキーワードを狙うために使用します。

カテゴリページと同様に複数のページを束ねるページですので、網羅性がありGoogleから評価されやすいです。

例えばGoogleで「40代 髪型」と検索すると、1位が「STORYのタグページ」です。

40代 髪型の検索結果

 

このようにタグページはカテゴリページと同様に上位表示されやすく、重要なページですのでnoindexを入れるべきではありません。

例えばタグページを作りすぎて、1ページしかぶら下がっていないものが多くなってしまい、低品質のタグページが量産されてしまうケースがあります。

その対応としてnoindexを入れて対応すべきという意見もありますが、そもそも計画的にタグページを運用することが重要です。

そのためnoindexを入れるのではなく、不要なタグページを削除したり、必要最低限の数に統合したりすることを推奨いたします。

noindexを外した効果

私が担当したサイトで「タグページ」にnoidexを入れているものがありました。

noindexを外したところ、タグページからの流入が増え、2週間後にトラフィックが約40%増加しました。

トラフィックの増加

noindexを入れるべきページ

ではどのようなページにnoindexを入れるべきかというと、Googleのジョン・ミューラー氏は「サイト内検索に入れるべきだ」とGoogle Webmaster Central office-hoursで述べています。

そのため「All In One SEO Pack」のnoindex設定にある「検索ページにnoindexを使用する」にチェックを入れましょう。

検索ページにnoindexを使用する

noindexのシグナルの強さ

noindexを外せば すぐに効果が表れるかというと一概には言えません。

Google ジョン・ミューラー氏は「noindexを外したとしても、元に戻るまで時間がかかる」と述べています。

Sometimes our systems are so used to a URL not “working” (noindex, 404, etc) that it can take a bit of time to get back

noindexや404エラーなどによって機能しなくなったURLがあると、私たちのシステムがその状態がふつうなのだと強く認識してしまい、もとに戻るまでに時間がかかることがある。

●引用元:Google ジョン・ミューラー氏 Twitter

私の経験談ですが、長期間noindexを放置し続けると1年経っても元に戻らないケースがありました。

このような場合は、「URLを替える」ことをGoogle ジョン・ミューラー氏は推奨しています。

so swapping out the URL can certainly help.

URLを替えるのは確かに1つの方法だ。

●引用元:Google ジョン・ミューラー氏 Twitter

まとめ

noindexは致命的なミスを犯しやすいため、SEOの経験が浅い方はそもそも使用しない方が良いといえます。

SEOを生業としている私でも、noindexを入れる際はいまだに緊張します。

それくらいリスクの高い作業になりますので、慎重さが必要です。

あなたのサイトにnoindexが入っているページがありましたら、本当に正しい使い方をしているか確認してみて下さい。

それでは また次の記事でお会いしましょう。


無料サイト診断サービスを行っています

アイオイクス株式会社では、Webサイトの無料診断を行っております。

弊社のコンサルタントがSEO・CRO(コンバージョン改善)の観点から御社のWebサイトを分析し、改善案を提案させていただきます。

もし興味がございましたら、以下のページよりお申し込みください。
(法人の方向けのサービスとなります)

※サービスサイト(SEO Japan)へと遷移します。

関連記事一覧

関連記事はありません。