【YouTubeSEO】YouTube検索で再生回数を増やすための手法

こんにちは、アイオイクス株式会社の毛利(@IoixMouri)です。

私はSEOディレクターとして企業様の集客支援のため、コンテンツ制作などのディレクション業務をしています。昨年からYouTube動画を活用した集客支援の機会が増え、これまでに100本以上のYouTube動画を最適化してきました。

企業様によってYouTubeの取り組み方はそれぞれです。公式のチャンネルはあるけれど放置したままや、自社サイトへの動画埋め込みが目的でアップロードだけ行い、動画設定が適切ではないケースなどがあります。

いずれにしても少し手を加えれば、動画再生回数を伸ばせる可能性があり、機会損失を生み続けているのは勿体ないことです。またYouTubeのプラットフォームだけではなく、Google検索の順位にも影響します。もしYouTube動画がビジネス上に有益なチャンネルなら、この機会にYouTube動画の設定を一度チェックされることをおすすめします。

今回はYouTube検索で再生回数を増やすために誰でも簡単にできる改善手法をご紹介します。

1動画あたり1時間~2時間の作業が目安です。

目次

YouTubeSEOとは? なぜSEOが必要なのか?

YouTubeSEOとはYouTubeのプラットフォーム上での「検索エンジンの最適化」を行うことです。YouTubeで動画を探すとき、キーワードで検索する方は多いかと思います。YouTubeもGoogleの検索と同じで、自分の動画がターゲットキーワードの検索結果の上位に表示されたほうが、ユーザーへの露出機会が増えて、再生回数を増やすチャンスになるのは言うまでもありません。

では、どうすれば検索結果の上位に表示できるのでしょうか?

それにはまずユーザーにとってよい動画コンテンツを制作して、公開することです。YouTubeで上位表示をするためには「動画の新しさ」「動画の総再生時間」「動画の設定」など様々なアルゴリズムが順位に影響します。いずれにしても、「動画の新しさ」なども大事ですが、それよりもコンテンツの質を高めることで、動画が最後まで視聴される、動画にコメントが付く、高評価が付くなどのポジティブなユーザー行動を蓄積していくことが重要です。

●参考:チャンネル パフォーマンスの概要を把握する – YouTubeヘルプ

https://support.google.com/youtube/answer/9314414?hl=ja

しかし、よい動画コンテンツを制作すれば、それだけで上位表示はされるのでしょうか。答えはNOです。

YouTube検索のアルゴリズムは機械学習が進み、検索の精度もあがっていますが、YouTubeに動画の内容などのシグナルを正しく発信することは今も重要な要素です。

それでは次から具体的な対策方法を解説します。

YouTube動画で再生回数を増やすための4つのポイント

1 タイトルの設定

タイトルの設定は動画の内容をユーザーに訴求するためにも、またYouTubeへのシグナルとしても重要なポイントです。わかりやすいタイトルにして視聴者を惹きつけるのはもちろん、動画の内容と関連性が高い重要な「ターゲットキーワード」と「サブキーワード」、最低3つは入れるようにします。タイトル冒頭の30文字以内に入ればベストです。

例えば、「初心者向けのおうちでできるヨガ」の動画の場合は、ターゲットキーワードが「ヨガ 初心者」、関連性の高いサブキーワードは「やり方」「ポーズ」「ストレッチ」「家」などが考えられます。実際にYouTubeでターゲットキーワードを検索して上位表示されている動画タイトルの傾向を掴むのもおすすめです。

また、YouTubeでサジェストされる検索ワード、月間検索ボリュームの値も参考になります。下記のツールで一括取得が可能です。

■YouTubeサジェストから検索ワード候補を一括ダウンロード『YouTubeサジェスト キーワード一括DLツール』

https://www.ytkw.net/

2 説明の設定

「説明」はタイトルと同じように動画の内容を伝えるうえで重要です。検索エンジンは動画の内容を完全には認識できないため、説明文を参考にしていると考えられます。特にデフォルトの状態で表示されている最初の2,3行が重要です。この3行内に「ターゲットキーワード」と「サブキーワード」を含めることを意識しましょう。視聴者が検索で動画が見つけやすくなります。

また「説明文」内には#(ハッシュ)タグが利用でき、最初の3つがタイトル上に表示されます。設定されたハッシュタグで検索すると、上位表示されやすい傾向があるので、ユーザーの検索行動を考えながら、検索されやすいハッシュタグを設定しましょう。ハッシュタグは最大15個設定できます。また、文字と文字の間に半角・全角スペースがあるとハッシュタグが効かなくなるので注意しましょう。

〇 #ヨガのポーズ

× #ヨガ ポーズ

また、「説明」にSNSなどのURLや関連動画のURLを記載することもシグナルとして有効な手段です。

3 サムネイルの設定

優れたサムネイルは検索結果ページの動画一覧でユーザーの注目を集め、視聴回数を伸ばせる可能性があります。優れたサムネイルとは動画のテーマがわかりやすく、他の動画のサムネイル群に埋もれない目立つサムネイルのことです。奇をてらう必要はありませんが、わかりやすさ・見やすさ・読みやすさを意識してデザインします。サムネイルの文字数や大きさ、背景の色選び、人物(顔)を登場させるなど作成のポイントは多くあります。

ターゲットキーワードの検索結果に表示される動画を参考にする、作成したサムネイルが他のサムネイルに埋もれていないか事前にチェックしてもよいでしょう。

サムネイルはYouTubeにアップロードした際に自動生成されますが、ぜひサムネイル画像を新規作成して「カスタム サムネイル」を登録することを推奨します。

推奨の画像サイズや拡張子は公式サイトで確認できます。

●参考:動画のサムネイルを追加する – YouTubeヘルプ

https://support.google.com/youtube/answer/72431?hl=ja

4タグの設定

タグはコンテンツを検索でヒットしやすくするために動画に追加できる説明的なキーワードです。YouTubeのヘルプページでも公言している通り、タイトル・サムネイル・説明などのメタデータの方がタグより重要とされています。

動画のコンテンツがスペルを間違えられやすいものである場合、表現が複数ある場合、それと併せて動画と関連性が高いキーワードも一緒に含めておくと良いでしょう。

「初心者向けのおうちでできるヨガ」の動画の場合なら……

ヨガ,YOGA, yoga ,家ヨガ,おうちヨガ,自宅ヨガ,ヨガ 健康,ダイエット ヨガ,ヨガ ポーズ,ヨガのポーズ名,ブランド名や企業名

辺りでしょうか。動画の説明にタグを過度に追加すると、スパム、欺瞞行為、詐欺の禁止に関するポリシーに違反することになるので注意しましょう。

●参考:動画にタグを追加する – YouTubeヘルプ

https://support.google.com/youtube/answer/146402?hl=ja

まとめ

如何だったでしょうか?どれもすぐに試せそうな手法ばかりではないでしょうか。ある企業様の場合、公開済みの動画、約60本の最適化を行った結果、YouTube検索からのクリック数が2倍になったケースもあります。

また、前項でもお伝えした通り、検索のアルゴリズムの違いはあれどYouTube動画を最適化することはGoogleの検索結果にもよい影響を与える可能性があります。ぜひ一度YouTubeの動画の設定のご確認をおすすめします。

今回は「動画の設定」を最適化する方法を中心にお伝えしましたが、YouTubeSEOは他にも、ユーザーにチャンネル登録を促す、新規ユーザー最適な動画を訴求する、SNSなどの他チャネルへの遷移を強化するなどの「チャンネルの最適化」や、ユーザーの再生時間や離脱ポイントを分析して動画そのものを再編集する「動画の最適化」などもあります。またこの辺は別の機会にお伝えできればと思います。

もっと他の施策を試してみたい、詳しく知りたい方にはこちらのYouTubeSEOの記事がおすすめです。

きっと改善のヒントが得られるはずです。

【2021年版】YouTubeチャンネルを伸ばすための厳選された17のテクニック

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

SEOコンサルの毛利(@IoixMouri)です。インハウスでモバイルの公式サイト運営に携わり、今はSEOのコンサルタントとして企業様を支援させて頂いております。今後もSEOやCROの情報を積極的に発信しますので、ご興味があればTwitterフォローをお願いします。趣味はサウナと猫とカレーです。

目次
閉じる