これからSEOを始める方におすすめしたいSEOの無料ツール10選

はじめまして、アイオイクス社の毛利(@IoixMouri)といいます。
私はアイオイクス株式会社でSEOコンサルタントとして企業様の集客支援を行っています。

本日のテーマは「無料ツールでどこまでSEO(検索エンジン最適化)はできるのか?」という話です。

SEOは細密な分析が必要なケースも多く、実務ではGoogleが提供する分析ツールの他にも「Ahrefs」「botify」等、有料の分析ツールを複数使いながらサイトの課題を発見します。

確かに有料のツールは競合調査やサイトの課題発見には優れていますし、分析の作業を効率的に進めることができます。

ただ、有料ツールがないとSEOができないということはなく、分析の目的が明確であれば無料のツールでも十分に実践で役に立ちます

今回は実際に弊社アイオイクスのコンサルメンバーがよく使用する無料ツールを目的と併せて紹介しますので、日頃の業務の役に立てば幸いです。

Google Search Console

Google Search Console

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Google Search Console は、Google検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つGoogleの無料サービスです。

Googleにインデックスされているページやサイトへ流入したクリック数、サイト訪問時の検索されたキーワード、キーワードの平均順位など細かく確認できます。

またカバレッジの項目ではテクニカル面のアラート改善のヒントも得られ、リンクの項目ではサイトへの外部リンク数やURLの確認もできます。

SEOには必須といっても過言ではありませんので、毎日チェックするなど習慣にするのがおすすめです。

その他にもサイト改善に役に立つ機能がありますので、一通り内容を把握しておくとよいでしょう。
Search Console の概要

Google Analytics


Google AnalyticsはWEBサイトを改善するための優れたツールです。

Google Search Consoleよりも見られるデータの範囲が多く、はじめは戸惑うかもしれません。WEBサイトのビジネスモデルや目標を理解した上で目的にあった方法で分析することがポイントです。

SEOにおいてもサイトに訪問するユーザー属性やユーザー行動を理解するのは大切ですので、こちらも日頃から確認するとよいでしょう。

Google AnalyticsはどちらかというとSEOよりもCRO(コンバージョン率最適化)のために必須ともいえるツールです。SEOとCROを一緒に進めることで効率的にサイト改善をおこなえます。

Google キーワード プランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Googleキーワードプランナーは、Google広告に付随するサービスで検索ネットワークにおける広告掲載に役立つツールで、キーワードの候補トラフィックの予測データを確認できます。マーケティングに携わる方なら業務で使用していることでしょう。

SEOでは主にキーワードの検索ボリュームを知るのに重宝します。

狙いたいキーワードの検索ボリュームが多ければ競合が多い激戦区の場合が多く、またボリュームが少なければ当然ユーザーに検索されていないということですので順位を狙う必要があるか検討も必要です。ロングテールキーワードの把握にも役に立ちます。

また、実際のGoogleの検索結果でどのようなコンテンツがGoogle から評価されているかを併せて調べることでコンテンツSEOの傾向が掴めるようになります。

もしマーケティング担当者とサイト運営者が分かれている場合は情報共有をおこなうことで今よりもSEOに強い組織を作れるかもしれません。

Google Trends

Google Trends

https://trends.google.co.jp/trends/

Google Trends世界の検索トレンドを確認できるツールです。

また複数のキーワードを組み合わせてそれぞれのトレンドの推移を比較することもできます。SEOでは外的要因を把握するために使います。

例えばコロナの影響でユーザーの検索ニーズが伸びた、または落ちたキーワードを知りたい場合などです。キーワードのトレンドを掴むことでどのページに注力するべきかなどコンテンツSEOの施策を考えるうえで役に立ちます。

トレンド動向からユーザーの検索ニーズユーザーの行動変容に敏感になっておきましょう。また季節のトレンドを抑えるにも活用できます。

Internet Archive: Wayback Machine

Internet Archive: Wayback Machine

https://archive.org/web/

Wayback Machine(ウェイバックマシン)は、インターネット上のサイトの情報を扱うデジタルアーカイブです。

アーカイブされているサイトまたはページは日付を遡って過去のページの状態を閲覧できます。また、同じページを日もできるので便利です。

SEOでは競合サイトの施策を調査するときに使用します。

競合が特定のキーワードで順位を大きく変動させた場合、変更箇所を比較することでもしかしたら改善のヒントが見つかるかもしれません。

SEO META in 1 CLICK

SEO META in 1 CLICK

https://chrome.google.com/webstore/detail/seo-meta-in-1-click/bjogjfinolnhfhkbipphpdlldadpnmhc

SEO META in 1 CLICKは、Google Chromeの拡張機能です。

1クリックでタイトル・ディスクリプション・hタグの構成などの情報を確認できます。

機能はとてもシンプルですが、SEOの基本的な情報をパッと確認したいときに便利なのでおすすめです。
また、表示されたテキストはコピペができるので、hタグだけ抜きたいときにも使えます。

Redirect Path

Redirect Path

https://chrome.google.com/webstore/detail/redirect-path/aomidfkchockcldhbkggjokdkkebmdll

Redirect Pathも、Google Chromeの拡張機能です。

閲覧しているページのリダイレクト状態を確認できます。301、302などのリダイレクトの種類を確認したり、SSL 化の設定ミスの発見に役に立ちます。

ブラウザでサイトを閲覧しているだけではなかなか発見できないミスに気がつけるので、こちらも追加をしておくことをおすすめします。

NoFollow

NoFollow

https://chrome.google.com/webstore/detail/nofollow/dfogidghaigoomjdeacndafapdijmiid?hl=jahttps://chrome.google.com/webstore/detail/nofollow/dfogidghaigoomjdeacndafapdijmiid?hl=ja

NoFollowもchromeの拡張機能です。リンクがnofollow属性の場合にリンクの周辺が赤色の点線で囲まれるため、ブラウザ上で視覚的に確認できます。

通常nofollowはページとリンク先のサイトを関連付けたくない場合に使用しますが、nofollowを意図せず誤って設定してしまい、そのまま気が付かないケースがあります。

誤設定は内部リンクの設計にも影響しますので、インストールしておいて損はありません。

SEOTagViewer

SEOTagViewer

https://chrome.google.com/webstore/detail/seotagviewer/kppapignicobbflkkkojmikgbknjmbdh

SEOTagViewerはnoindex を発見するのに便利なGoogle Chromeの拡張機能です。

ページにnoindex が指定されている場合、Google にインデックスされないため検索してもページがあがってくることはありません。

致命的な設定ミスを発見できる場合があるので、こちらも入れておくと良いです。またcanonical(カノニカル)のURLも確認できます。

ラッコツールズ

ラッコツールズ

https://rakko.tools/

ラッコツールズは無料のツールですが機能がとても充実しています。私も全ては使ったことはありません。SEOでよく使うのは「見出し(hタグ)抽出」機能です。

指定したキーワードの1位から10位までのタイトルや見出し、ページ文字数を一括で抽出できます。

コンテンツSEOをおこなう際にキーワードの傾向を確認するのにも便利ですし、また抽出したテキストをUser Localさんが提供する AIテキストマイニングと併用することで上位サイトで使われているワードの傾向も分析できます

SEOは複数のツールを掛け合わせることも必要です。

記事はユーザーのために制作するものですので、過剰に単語を意識する必要はありませんが、文章や構成の傾向を知りたいときには有効です。

まとめ

以上、10のツールをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。今回はもしかしたらすでに知っているツールが多かったかもしれません。

私自身もインハウスでサイト運営していた時代があり、SEOツールの使い方には苦労した経験があります。もし、この記事で何か一つでも新しい出会いや発見があったなら私自身も嬉しいです。

最後に、ツールはあくまで手段ですので、SEOをおこなうときはGoogle の理念もきちんと理解しておくことも重要です。

他にも便利な無料のSEOツールはまだまだありますので、またの機会にご紹介します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


無料サイト診断サービスを行っています

アイオイクス株式会社では、Webサイトの無料診断を行っております。

弊社のコンサルタントがSEO・CRO(コンバージョン改善)の観点から御社のWebサイトを分析し、改善案を提案させていただきます。

もし興味がございましたら、以下のページよりお申し込みください。
(法人の方向けのサービスとなります)

※サービスサイト(SEO Japan)へと遷移します。