【初心者必見】ChatGPTに良い感じの文章を生成させてみた

お世話になっております。アイオイクスでセールスをやっております。ニイザワです。

今回は弊社のコンサルタントたちについて紹介する記事をChatGPTに書かせてみたいと思います。

生成する際の手順や、普段気を付けているポイント等も簡単に解説を入れていくので、どこかしら参考にしていただければ幸いです。

それではやってみましょう。

今回の最終目標は「アイオイクスのWebコンサルタント6名を紹介する文を生成する」です。

目次

①欲しい文の定義を可能な限り短い指示で伝える

「教えてください」とか、各人の名前とか指定しちゃうとすぐ「わかりません、自分で調べてください」みたいなこと言われちゃうので、「あれとあれとあれを書いてみてね」って頼むと良い感じの文が来るはず・・・!

なるほどね。確かに名前と容姿と得意な業務とニックネームだ。こんな人ウチに居ないんですけれども。ただ指示どおりではある。

業務がユーザーエクスペリエンス・・・?

うーん、こういう感じかぁ。オッケー、じゃああと4人まとめて見てみましょう。ドン!

ははーん、GPTくん。君はアレだな。あだ名つけるの苦手だな・・・?

②軌道修正+修飾

最初に生成させたアウトプットが思ったより面白くなかった(情報がソリッドすぎて面白みがないものが出てきてしまった)場合は、同じチャット内でフィードバックを入れます。

最初のアウトプットに足したい要素を追加注文することで、意図した文章に近づけるはずです。

マジカル!!

あ、だいぶ面白いですねこれは。そんな派手な眼鏡かけてたんだマサミ。

よしよし。良い感じですね。じゃあケンちゃんも見てみましょうか!

原型失ってますね。「ユーザーエクスペリエンスの最適化」も何気に前回から修正されてて素敵。

GPTくんの思う「洗練されたスタイル」ってサングラスとトゲトゲ頭なんだ・・・。思ったよりパンクな趣味ですね。

「ソーシャルクリエイター」があだ名なのかはまあ議論の余地があるものの、おおむね良い感じですね。ウチにこんな人居ないんですけども。

ハイパーメディアクリエイター的な香ばしさを感じます。

次!

データサイエンティストとかじゃなくて?

もうウィザードなんだ。けっこうしっかり魔法使いの呼称なんですね。

中盤でデータを捨てるタイプのパーティメンバーっぽい。

良いキャラクターですね。ほどよくベタな感じで。

CMS導入・・・?

あとコンテンツマネージャーはマエストロとどっちが偉いんでしょうね?

まあまあ。でもまあ無くはないかな?ありそうなんですけど、それってニックネームかなあ・・・?

あとメガネ率高くなってきてますね。

マエストロは二人も同じチームに居ちゃダメなんじゃないかなあ・・・。

あ、でも初のパワータイプですね。良いじゃないですか。

・・・でもパワフルでダイナミックな雰囲気の奴に開発とか実装とか任せたくねえ~!

しかし結構良いチームが出来上がってきたのではないでしょうか。

おそらく「エキセントリック」の意味が広いので、こういう感じに出力されたんでしょう。

「得意な業務」についても、やや怪しい部分はありつつも、予想よりもかなりITっぽい事をやってくれそうに仕上がっている印象です。

まとめ

このように、ChatGPTに文を出力させる場合、「なんか良い感じの文吐き出してよ~」と要求するのではなく、まずは条件を指定しつつ、ChatGPTの出したアウトプットに対して注文を足していくことで、自分の臨むテキストに近く、自分だけでは思いもよらない要素を持った新しいものを作り出すことが出来る・・・のかも知れません。

今回のように、AIに文章を書かせる時は、ゼロから書かせるのではなく、最初に欲しいものを定義し、短い言葉で伝える能力と、出てきたアウトプットに対してそれがもっと良くなるように指示を出すディレクション能力が問われることになると思われます。

具体的には、こんな手順で使ってあげると思った通りの方向に向かってくれるんじゃないでしょうか。

①「AとBの条件を満たすものを書いてください」

②「Aの要素がイマイチなので、A’として書き直してください。あとCの要素も欲しいです」

③~以下満足いくまで繰り返す

また、AIは人間と違って学んだことを忘れません。

100日後でもこの続きから「アイオイクスのコンサルタント6名の名前とあだ名と得意な業務」を出力することができます。既にフィードバックを受け取った状態で始められるため、いつでもこの6名に会うことができます。

つまり、もしこの記事がボツになったとしても、ニイザワの上長が忘れた頃にこの記事のブラッシュアップバージョンを何食わぬ顔で生成する事が可能というわけです。

もちろんその際は、先程学習させたことを引き継げるように、新規記事ではなく先程やりとりしていた所と同じチャットを選択する必要があります。

今回で言うとここですね。

特にタイトルをつけているわけではありませんが、ChatGPTと話していると自動でいつの間にかタイトルがついています。便利です。

アイオイクスでは、ChatGPTを使って記事を書く実験を行っていたり、その結果についてディスカッションするセミナーを開催していたりします。

もしご興味があれば、定期的に開催している、弊社主催のセミナーに応募してみて下さいね!

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。
SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新澤大のアバター 新澤大 セールス

アイオイクスのコンサルタント。
2024年の目標は「蝶のように舞い、蜂のように刺す」。

目次